校歌

【作詞】 清水孝之   【作曲】 中田直宏
(序)
 緑なす  三河の山を   流れきて   矢作川ここに   一つに合うかな
(一)
 霞たつ    八重山越えて
 ほととぎす  来鳴き響(とよ)めば
 豊野に    風は薫りぬ
 遙かなる   理想をかかげ
 真心の    友ら努めて
 学園の    三年(みとせ)の誓ひ
 たからかに  歌ひつがなむ
(二)
 狭霧たつ   末野慕ひて
 かりがねの   田の面に臥せば
 豊野の    空は光りぬ
 大いなる   生命を惜しみ
 真心の    友ら手を組み
 学園の    三年の幸を
 すこやかに   育て伸びなむ